事業内容

弊社は、金型の設計、加工、組立、検査までを一貫体制にて行っています。
近年では3次元CAD、CAD/CAM、マシニングセンターの導入による加工時間の短縮と、3次元測定機による品質管理等、お客様にご満足いただける金型を提供できるよう、日々努力を重ねています。


製造工程


製品を受注した後、お客様と綿密な打ち合わせを行います。(型の抜き方・割り方、構造上の問題点をクリアするための形状などを提案します。)

そして、お客様からいただいた3Dモデルや製品図面を基に、金型の設計を行います。
(3次元CADを用いることにより、複雑曲面の設計も可能になりました)
≪設計ソフト : Solid Works≫

設計が決まり、金型モデルが出来上がってくると、そのモデルを基に加工データの作成に入っていきます。
各部位の形状を見ながら効率のよいプログラムを作成しています。
≪CAMソフト: FF-CAM 他≫

加工プロクラムを読み込み、切削加工を行いいます。
このプログラムにより、無人運転が可能になりますが、2次元加工の一部はオペレータがプロミングを担当するなどして、加工技術の向上を目指しています。

機械で出来上がった部品を組立・調整していきます。
金型製作の最後には”合わせ”と呼ばれる作業があります。 人間の手で行う工程です。
これは機械加工が主流になった現在でも、職人の技術を必要とする作業です。

ものづくりの現場において、3次元測定は欠かすことのできないツールになってきています。
複雑な形状を3次元的に精度良く測定できます。
ISO認証取得
有限会社 大谷製作所